メニュー

頭痛のお話

[2016.08.06]

頭痛には 二次性頭痛 と 一次性頭痛 があります。

二次性頭痛には  くも膜下出血 硬膜下血腫

         脳腫瘍    髄膜炎

         頭部外傷   脳脊髄液減少症  などがあります。

 一次性頭痛には  片頭痛

         群発頭痛

         緊張型頭痛  などがあります。 


 二次性頭痛で最も緊急を要するものは、

くも膜下出血

     今までに経験したことがないような激しい頭痛

     40代~60代の女性に多い(男女比1:2)

     原因は脳動脈瘤破裂

     緊急に脳外科のある病院に搬送が必要です。


硬膜下血腫

    高齢者がほとんど気づかないような頭部打撲の後

    数ヶ月してから、なんとなく様子がおかしい時には注意が必要です。

    硬膜下に静脈性の血腫がたまっていることがあります。

    バーホールと言って小さな穴をあけて血腫を吸引することで、完全に治ります。


一次性頭痛で最も有名なのは、

片頭痛

    女性に多いです。生理周期に伴って、片側性または両側性に拍動性の頭痛、

    光や音に過敏になり、悪心・嘔吐を伴うことが多い。

    前兆のある場合は、「閃輝暗点(せんきあんてん)」といって、

    視野の中心からギザギザの光や中心欠損がみられる、などの特徴があります。


群発頭痛

    男性に多い。一週間ほど決まった時刻に起こり、数ヶ月間隔で発症。

    片側性で目の周囲から側頭部にかけて痛む。目の充血や鼻汁・鼻閉を伴う。

    帯状疱疹の発症することもある。

    一次性頭痛では頭痛度がもっとも強い、などの特徴があります。


 緊張型頭痛

    最も多い頭痛のタイプ。頭痛の90%。

    頭全体から後頭部に持続性で、拍動はありません。

    肩こり・長時間の悪い姿勢・精神的ストレスが原因となる。

    ストレッチなど気分転換で改善します。


 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME